テーマ:共謀罪

テロ情報流出経緯に関する考察

『毎日jp』2010年11月4日 00時52分 (2010年11月4日 01時08分 更新) 『<テロ資料流出>故意の可能性 データ形式がウイルスとは別』(下記参照) http://www.excite.co.jp/News/society_g/20101104/Mainichi_20101104k0000m040109000c.h…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

傍聴法は盗聴法?(国会報告による運用判断と無関係盗聴の増加)

公明党の『適正な運用続く通信傍受法』(右記参照)http://www.komei.or.jp/news/2008/0228/10892.html に次のような内容が記載されています。 通信傍受法の成立の段階では次のようなことが危惧されていたようです。 「盗聴国家になる。」 「監視国家を目指す法。」 「権力によるプライバ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

データマイニング、マインドコントロールと電波首輪理論の関連性

 インターネット上では様々な意見・感想などが表出されています。現在、個人の表現をインターネット上に表出する事は自由です。もちろん、最近では麻薬売買などの凶悪犯罪の計画や自殺行為の示唆に関しては警察が調査をすることができるようになってきています。これは、凶悪犯罪の防止や、個人生命の安全を図る等の目的でなされる調査で、表現の自由を拘束する意…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

量子暗号化技術の進展と電波首輪理論「共謀罪と傍聴法・個人情報保護法の無力化」

盗聴防止に向けた量子暗号化技術が実用化に向けて進展しているようです。 (下記HPを参照) http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3033/ 量子暗号化技術が実用化されることによって、通信回路に介在して行う技術的な盗聴行為は理論上不可能であると想定できます。通信回路上の盗聴可能性が皆…
トラックバック:16
コメント:3

続きを読むread more