テーマ:盗聴

『アメリカ経由の通信情報ローンダリング手法』の確立可能性と傍聴法の無力化

日本では警察や公安当局等の違法・越権盗聴防止の要として傍聴法があります。傍聴法において重要なのは「令状主義」の保守と「国会報告」の義務です。これによって、警察による違法・越権盗聴が防止されるように意図されています。しかし、今後(来年:2011年)以降、警察や公安当局よる「令状主義」の保守と「国会報告」の義務を回避する通信情報入手がアメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「傍聴法」は「盗聴法」? 掲示板の投稿に対する適用可能性

 傍聴法には次のような特徴があります。 ①組織的な殺人事件、薬物・銃器の取引に関してだけ適用される。 ②地方裁判所が原則10日の間で許可しなければ傍受できない。  (ただし、期間については最大30日まで延長できる。) ③傍受記録は裁判所に提出しなければならない。 ④傍受終了後30日以内に傍受したことを通信の当事者に知らせな…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more